カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

バッハ、ヘンデル、スカルラッティ/鍵盤作品集

1-7. J・S・バッハ(1685-1750)/パルティータ第4番 ニ長調
8. ヘンデル(1685-1759)/ソナタ ト短調
9. ヘンデル/協奏曲 ト長調
10-15. ヘンデル/組曲第7番ト長調
16-21. D・スカルラッティ(1685-1757)/ソナタ集(K424/K425/K454/K455/K546/K547)


フー・ツォン(ピアノ)   発売:2003年

バッハ、ヘンデル、スカルラッティ/鍵盤作品集

価格:

2,100円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

MERIDIAN【イギリス輸入盤】

ショパン弾きとして名声を博したフー・ツォンですが、フー・ツォンの録音は権利上の問題や録音には極めて慎重な演奏者自身のこだわりがあり、なかなか市販化されることがありませんでした。しかし、イギリスのメリディアン・レーベルからようやく発売されたアルバムはどれも珠玉の演奏ばかり。このアルバムは、バッハ、ヘンデル、D・スカルラッティという同い年生まれのバロックの巨匠たちの鍵盤作品集です。フー・ツォンはここでも持ち前の粒のそろったタッチで、極めて丁寧に演奏しており、謹厳で深遠なバッハ、素朴で陰影の濃いヘンデル、明るく快活なスカルラッティと、それぞれの個性の違いがハッキリ打ち出されています。近年はチェンバロなど古楽器を用いた演奏が主流となっていますが、ピアノによる演奏はダイナミクスや音色の変化など表現の幅が大きく、改めてバッハやヘンデルの音楽が重厚な響きと堅牢な構造を持っていることを教えてくれます。対するスカルラッティは、軽やかな音の粒立ちが心地よく、同時に明暗のコントラストも鮮やかに付けられたニュアンス豊かな演奏です。