カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

マンドリンのための「バッハ&ヴィヴァルディ」

1-3. J・S・バッハ(1685-1750)/2つのヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲 ニ短調 BWV.1043
4-6. ヴィヴァルディ(1678-1741)/2つのヴァイオリン、リュートと通奏低音のための協奏曲 ニ長調 RV.93
7-9. ヴィヴァルディ/2つのヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲 RV.522
10-12. ヴィヴァルディ/4つのヴァイオリン、チェロ、弦楽とハープシコードのための協奏曲 ロ短調 RV.580
13-14. J・S・バッハ/ブランデンブルク協奏曲第3番 ト長調 BWV.1048
15-17. J・S・バッハ/ヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲 イ短調 BWV.1041
18-20. ヴィヴァルディ/2つのマンドリン、弦楽とオルガンのための協奏曲 ト長調 RV.532


 ※全てマンドリン・オーケストラ編曲

ドリーナ・フラティ(指揮)/マウロ・エ・クラウディオ・テッローニ(マンドリン・オーケストラ)

【マンドリン・ソロ】
シルヴィア・テンキーニ(1-20)、ドリーナ・フラティ(1-3.18-20)、モニカ・バロニコ(7-9.10-12)
アントネッラ・ウボルディ(10-12)、アンジェラ・ビルベス(10-12)

グラツィア・マウゲリ(4-6ギター)、ジュリア・リベルティーニ(10-12チェロ)

録音:2015年5月30-31日、6月1-2日、Chiesa Vecchia

マンドリンのための「バッハ&ヴィヴァルディ」

価格:

1,980円 (税込)

[ポイント還元 19ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

DYNAMIC【イタリア輸入盤】

J・S・バッハとヴィヴァルディ。人気の高い2人の作曲家の名作を「独奏マンドリンとマンドリンオーケストラ」で演奏するという面白いコンセプトのアルバム。原曲のほとんどは2つ以上のヴァイオリンのための協奏曲(弦楽と通奏低音を伴う)ですが、これをマンドリンで演奏することで生まれる響きはとても珍しく、また魅力的です。指揮は、自らマンドリンも演奏するドリーナ・フラティが担当。フラーティは、マンドリン界ではかなり知られたイタリアの名手で、当レーベルからたくさんの優れたアルバムを発表し、好評を博しています。最後の曲はもともとマンドリンのための協奏曲ですが、こちらも更にエレガントな音を楽しむことができます。もちろん、どの曲もマンドリンの超絶技巧が駆使された素晴らしいアレンジです。