カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

「チェロ・プロジェクト〜チェロ・シネマ」

1-3. ニーノ・ロータ(1911-1979)/8 1/2
4. トム・ウェイツ(1949-)/ナイト・オン・アース
5-7. バーナード・ハーマン(1911-1975)/「サイコ」組曲
8. ピアソラ(1921-1992)/「ヘンリー四世」より「タンティ・アンニ・プリマ」
9. カルロス・ガルデル(1890-1935)/「タンゴ・バー」より「ポル・ウナ・カベサ」
10. カタラーニ(1854-1893)/ディーヴァ
(歌劇「ワリー」より第1幕「さようなら故郷の家よ」)
11-12. ピアソラ/スール(抜粋)
13. ショスタコーヴィチ(1906-1975)/「呼応計画」より「アンダンテ」
14-15.ショスタコーヴィチ/「馬あぶ」より「ロマンス」と「モノローグ」
16. ヤナーチェク(1854-1928)/存在の耐えられない軽さ
(「おとぎ話」より第3楽章)
17. ディック・デール/「パルプ・フィクション」より「ミザルー」
18. チャップリン(1889-1977)/「モダン・タイムス」より「スマイル」
19. チャップリン/「ニューヨークの王様」より「ナウ・ザット・イズ・エンデド」
20. モリコーネ(1928-)/ニュー・シネマ・パラダイス


チェロ・プロジェクト〔エッカルト・ルンゲ(チェロ)、ジャック・アモン(ピアノ)〕

録音:2003年、フライブルグ&2012年、ライプツィヒ

「チェロ・プロジェクト〜チェロ・シネマ」

価格:

2,100円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

GENUIN【ドイツ輸入盤】

おすすめ

GENUINレーベルの大人気企画「チェロ・プロジェクト」シリーズの第3弾となる「チェロ・シネマ」は、チェロによる映画音楽集といっても選曲が普通ではありません。「モダン・タイムス」や「ニュー・シネマ・パラダイス」はよいとしても、フェリーニの「8 1/2」やタランティーノの「パルプ・フィクション」が取り上げられ、ヒッチコックの「サイコ」では3楽章の組曲を構成するほどの凝り様。「存在の耐えられない軽さ」と「ディーヴァ」では映画の中で印象的に使用されたクラシックが演奏されており、これまた雰囲気たっぷりの甘い演奏です。チェロ・プロジェクトは、これまでにもカプースチン等を演奏した「ロシアン・ソウル」やピアソラほかタンゴの名曲を演奏した「タンゴ・チェロ」が高い評価を得ており、このディスクでも雰囲気たっぷりに朗々とチェロを歌わせています。チェロのルンゲは、この手のジャンルが大好きなようで、全てがハイテンションのノリノリな演奏ばかり。優等生的なチェロ演奏に飽き飽きした方にも楽しんでいただける面白いアルバムです。
チェロのエッカルト・ルンゲは、アルバン・ベルク四重奏団から伝統と精神を受け継いだ新時代ドイツの弦楽四重奏団として絶大な人気を誇るアルテミス・カルテットのメンバーとしても知られるチェロ奏者で、スペインの俊英カルテットのカザルス四重奏団と共演したり、ピアノのジャック・アモンと「チェロ・プロジェクト」を組むなど、多方面で活躍しています。クラシックにはあまり興味がなかった方にも、夜のBGMとしてぜひオススメしたい素敵なアルバム。薄型デジパック・ケースです。

ページトップへ