カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

セジョルネ、ゲラッシメツ、ブロストレム、サーサス/打楽器作品集

1-3. エマニュエル・セジョルネ(1961-)/ファミム2
4. アレクセイ・ゲラッシメツ(1987-)/エコトナン
5. トビアス・ブロストローム(1987-)/アレナ
(独奏版)
6. アレクセイ・ゲラッシメツ/エラヴィー
7-8. ジョン・サーサス(1966-)/1つの研究・1つの要約
9. アレクセイ・ゲラッシメツ/リベルタンゴによる変奏曲


アレクセイ・ゲラッシメツ(パーカッション)
ユリウス・ハイゼ(1-4,7-8,パーカッション)、ニコライ・ゲラシメッツ(1-3,9,ピアノ)

録音:2011年10月

セジョルネ、ゲラッシメツ、ブロストレム、サーサス/打楽器作品集

価格:

2,100円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

GENUIN【ドイツ輸入盤】

アレクセイ・ゲラッシメツは、1987年生まれのドイツ人打楽器奏者。まだ20代という若さですが、すでに多くのコンクール入賞歴があり、ベルリン放送響のコンサートにソリストとしても登場しています。2010年の「ドイツ音楽コンクール」で受賞し、国内外でも大きく注目を集めました。「ドイツ音楽コンクール」は1975年に開始された国営の権威ある音楽コンクールで、日本における「日本音楽コンクール」に相当する若手音楽家の登竜門です。このアルバムはゲラッシメツのデビュー・アルバムであり、自作を含む比較的若い世代の作曲家の作品で構成されています。その多くがスティーヴ・ライヒ、グラハム・フィットキンなど、ミニマルもしくはミニマルにポップスとエスニックな要素を加味したポピュラリティのある親しみやすい作品です。
中でも注目は、近年日本でも人気が高まっているエマニュエル・セジョルネ(1961-)の「ファミム2」。セジョルネはフランスのリモージュに生まれ、ストラスブール音楽院で学んだのち、打楽器を「ストラスブール・パーカッション・グループ」の創設者ジャン・バティーニュに師事しました。セジョルネの音楽は、鍵盤楽器のメロディが分かり易いうえに、ラテン的な軽快で愉しいリズムとジャズの即興をブレンドしたような面白いもので、「ファミム2」も滅法格好いい作品です。ゲラシメッツの自作自演となる3曲はそれぞれ個性がかなり異なっていますが、木製鍵盤楽器がメインのコミカルな「エコトナン」、ヴィヴラフォンとマリンバが神秘的な響きを生み出す「エラヴィー」、ルパン3世の音楽のようなオシャレでイカした「リベルタンゴによる変奏曲」とどれも秀作といえるでしょう。また、ジョン・サーサス(1966-)の「1つの研究・1つの要約」はかなり斬新で面白く、打楽器ファンでなくともかなり楽しめるアルバムです。オススメ。