カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

「オーボエとピアノのための二重奏曲」〜シューマン、ルドウィグ、プーランク、ハース

1-3. シューマン(1810-1856)/3つのロマンス Op.94
4-10. デヴィッド・ルドウィグ(1972-)/プレイアデス〜7つのミクロリュード
11-13. プーランク(1899-1963)/オーボエ・ソナタ FP.185
14-16. パヴェル・ハース(1899-1944)/オーボエ組曲 Op.17


キャサリン・ニードルマン(オーボエ)、ジェニファー・リム(ピアノ)

録音:2014年9月、10月

「オーボエとピアノのための二重奏曲」〜シューマン、ルドウィグ、プーランク、ハース

価格:

2,100円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

GENUIN【ドイツ輸入盤】

キャサリン・ニードルマンは、2003年よりボルティモア交響楽団の首席オーボエ奏者として活躍している実力派。同年、国際ダブルリード協会の「フェルナンド・ジレット=ヒューゴ・フォックス国際コンクール」で優勝しています。ルドウィグの「プレイアデス:7つのミクロリュード」はニードルマンのために作曲されたもの。他にもオーボエのために書かれた名作のひとつ、シューマンの「3つのロマンス」は、妻クララに贈ったとされる楽曲で、ロマンティックなメロディをオーボエが優しく歌っていきます。プーランクの「オーボエ・ソナタ」は晩年に作曲されたもので、晩年の様々な想いが込められた代表作。アウシュヴィッツで亡くなった悲劇の作曲家パヴェル・ハースの「オーボエ組曲」は40歳の時テレジン収容所で作曲されたもので、悲しみ、慟哭、絶望、そして自由への祈り…時代に翻弄された作曲家の心に響く名作です。