カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

「日本のピアノ変奏曲選」〜伊澤修二から大中恩まで

1. 平井康三郎(明治43年〜平成14年):「荒城の月」の主題による8つの変奏曲(昭和32年)
2. 伊澤修二(嘉永4年〜大正6年)/L.W.メーソン(1818-1896):へとつ(明治16年頃)
3. 信時潔(明治20年〜昭和40年):小学唱歌「月」の主題による10の変奏曲(大正9〜11年頃)
4. 宮原禎次(明治32年〜昭和51年):ヴァリエーション―「雀々」を主題とせる(大正11年)*
5. 鈴木次男(明治34年〜平成3年):蝶々蝶々を主題とする五つのバリエーション(昭和11年刊)*
6. 林 良夫(明治39年〜平成6年):故郷の癈家に依る變奏曲(昭和13年刊)*
7. 岡本敏明(明治40年〜昭和52年):ローレライ変奏曲(昭和14年刊)*
8. 小山清茂(大正3年〜平成21年):雁雁わたれ変奏曲(昭和44年)
9. 大中 恩(大正13年〜):こどものうた「おなかのへるうた」による変奏曲(昭和55年頃)

〜ボーナス・トラック〜
10. エルンスト・プッチェル:荒城の月變奏曲Op.52(昭和4年刊)


秦はるひ(ピアノ)

録音:2013年5月16日・17日、神奈川県二宮町生涯学習センター、ラディアンホール

*印:世界初録音

「日本のピアノ変奏曲選」〜伊澤修二から大中恩まで

価格:

3,000円 (税込)

[ポイント還元 30ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

MITTENWALD【国内盤】

日本の洋楽受容期から今日までに数多く作曲されたピアノ曲の中から、多くの人の心に残り、懐かしさを感じる「歌」を主題とした變奏曲をまとめてみようと思ったのは5年ほど前のことになる。(中略)前衛的な作品はなく、古典的な作曲技法による変奏曲集ではあるが、それぞれの作曲家の個性と、彼らが生きた時代背景が感じとれることは実に興味深い。耳に懐かしい曲を主題とした変奏曲集であり、日本のピアノ曲に初めて接する方にも、楽しく聴いていただけるアルバムになっていれば大変にうれしく思う。(齊藤保夫、プロデューサー・ノートより抜粋)

ページトップへ