カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ヴィラ=ロボス/交響曲第12番、バレエ音楽「ウイラプルー」、マンドゥ=サララ

エイトル・ヴィラ=ロボス(1887-1959):
1. バレエ音楽「ウイラプルー」
2-5. 交響曲第12番
6. マンドゥ=サララ


イザーク・カラブチェフスキー(指揮)/サンパウロ交響楽団
サンパウロ交響合唱団(6)、サンパウロ交響児童合唱団(6)

録音:2014年2月28日-3月7日、6月19-21日、ブラジル、サンパウロ・ホール

ヴィラ=ロボス/交響曲第12番、バレエ音楽「ウイラプルー」、マンドゥ=サララ

価格:

1,250円 (税込)

[ポイント還元 12ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

NAXOS【香港輸入盤】

ヴィラ=ロボス(1887-1959)の最後の交響曲である第12番は、彼の70歳の誕生日に完成させたもの。その翌年にワシントン・ナショナル交響楽団によって初演され、大好評を博しました。シュトックハウゼンやカーゲルらが電子音楽やミュージック・コンクレートなどを模索していた時代に、このようなメロディックで壮大な作品は、若干時代遅れの感もありましたが、ロシアなどでは伝統に回帰する試みも起こったりと、この作品が却って当時の作曲家たちの創作意欲を刺激したであろうことも間違いありません。湧き上がるように快活な第1楽章、ワーグナーのトリスタンを思わせる静かで神秘的な第2楽章、短くとも印象的な第3楽章、熱情的で大胆な終楽章と、確かに交響曲の伝統に則りながらも、革新的な味わいを持つ見事な作品です。「魔法の島」という意味を持つ野趣溢れるバレエ音楽「ウイラプルー」、エキサイティングなカンタータ「マンドゥ=サララ」(かなり内容は強烈!)と、この1枚でヴィラ=ロボスの魅力をじっくり味わうことができるでしょう。
最近メキメキと腕を上げているブラジルのサンパウロ交響楽団は、すでにBISレーベルにロベルト・ミンチュクと「ブラジル風バッハ」全曲を、ジョン・ネシュリングと「ショーロス」全曲を録音し、大評判となっています。1934年サンパウロ生まれのブラジルのベテラン指揮者イザーク・カラブチェフスキーとサンパウロ交響楽団による演奏は、今後も期待大です。

ページトップへ