カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

グイド・サントルソラ(1904-1994)/ギター作品集 Vol.2

グイード・サントルソラ(1904-1994):
1-5. 5つの前奏曲
(1959)
6. ロマンティックなワルツ(1944)
7-9. ギター・ソナタ第5番「ブラジル風」(1981)
10-12. 3つの宮廷歌(1966)
13-14. 感謝とメヌエットのテンポで(1978)

アントニオ・ルゴーロ(ギター)  録音:2010年7月17-19日

グイド・サントルソラ(1904-1994)/ギター作品集 Vol.2

価格:

2,150円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

STRADIVARIUS【イタリア輸入盤】

グイド・サントルソラ(1904-1994)はイタリアで生まれ、ブラジルやウルグアイで生涯を過ごした作曲家で、主にギター作品で知られています。サントルソラの作風は多岐にわたっており、ルネサンスや古典派の様式を取り込んだり、またウルグアイやブラジルの民俗音楽(ショーロなど)をバロック風対位法で処理したりと、その独特の甘く切ない音楽はとても魅力的です。もちろん20世紀の作曲家らしい現代的な語法を使った曲もありますが、いずれも聴きやすく味わい深いものです。しかし、サントルソラは晩年ずっとウルグアイで過ごしたせいか、日本では知名度が低く、ギター愛好家以外にはあまり知られていないのが現状です。彼のギター作品を集めたアルバムもこれまでBISレーベルからマリア・イザベル・シーワース盤が出ていただけなので、このアントニオ・ルゴーロによるアルバムはサントルソラの再評価のきっかけになるに違いありません。ルゴーロの演奏もラテン的な情熱と甘くムーディーな雰囲気が濃厚で、素晴らしい演奏です。